2015年05月28日

●新疆ウイグル料理「香膳」。

ヒツジヒツジ言ってるわりに、あまり「食べる」方向にはむかわないひつじnewsですが、そのあたりを克服すべく、近くの新疆ウイグル料理屋さんに行ってまいりました。

あったかくてボリュームのあるウイグル中華まん(マンタ)や餃子(トゥギレ/トゥギリス)、手延べで腰のあるウイグル手打ち麺(ラグマン)があります。
機械は使わず皮、麺から手作り。 具材ももちろん無添加で安心安全。 お肉は羊・ラム肉を使用。

名古屋市守山区、名鉄瀬戸線喜多山駅至近の、清潔感のあるこじんまりしたお店なのですが、女将さんがそれはそれは明るいかたで。
お昼どきに到着し、羊肉五目うどん「ラグマン」を頼み(お茶がポットで添えられてくるのがまた嬉しい)、

150527_1256~0001.jpg 150527_1250~0001.jpg

美味しくいただいたあと、羊肉入りの「マンタ」をテイクアウトして帰ろうとしますと、

「はいはい、冷凍の肉まんね、遠くから来てるの?」
「あ、はい、○○なので、一時間くらいで……」
「○○!? そんな遠くから来てラグマン一皿で帰るの!? ちょっと座りなさい、もう一回麺打つから!」

……はい?
何を言われたのかよくわからないままぼーっとしてたら、「おかわり」が出てきました。今度は平麺です。

150527_1337~0001.jpg

なんなんですか、この「実家のおかあさん」とか「夏休みに行く田舎のおばあちゃん」な感じ。
ウイグルの流儀? この女将さんのお人柄?
なんにせよ、断ったらいろんなレベルのバチが当たりそうな気がしたので、全力で完食してきました。美味しゅうございましたが、ちょっと途中で気が遠くなったのは内緒です。

マンタは、翌日、蒸し器でふかふかに蒸かしていただきました。クミンの効いた羊肉餡がほろほろと。

manta150528.jpg

お近くならば、ぜひ一度。

ひつじnews at 2015年05月28日 12:44 | Category : ひつじ食
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)