2014年06月28日

●「刺繍九羊啓泰図軸」

名品「翠玉白菜」の到来で話題の、東京国立博物館の「台北 國立故宮博物院?神品至宝?」展に行ってまいりました。
まずはともあれ、前庭にたたずむ、朝鮮半島伝来の石羊にご挨拶を。根津美術館京都の野仏庵で見たものと似てますね。

P1030800.JPG


さて、白菜ももちろん外せませんが、行列無しで見られる他の展示品だってみごとなものばかりです。特にひつじ好きにとって白菜と並ぶ必見は、こちらの「刺繍九羊啓泰図軸」ではないでしょうか。

kyuuyoukeitai140628.jpg

絹製、刺繍   縦216.6 横63.8
元時代  十三?十四世紀

中央の太子は、気を吐く羊にまたがり、鳥籠をかけた梅枝を肩に担ぎ赤い龍袍をまとう。
君子が正月に、春を伴って訪れる様子を表したものであろう。

 「台北 國立故宮博物院?神品至宝?」展カタログ 

九羊啓泰については、こちらでお話をしたことが。

2014年6月24日(火) ? 2014年9月15日(月) 東京国立博物館

「翠玉白菜」展示期間[6月24日(火)?7月7日(月)]は無休、毎日20:00まで特別開館。
※ただし、6月30日(月)、7月7日(月)は特別展会場のみ開館し、総合文化展は閉室します。

2014年10月7日(火)〜2014年11月30日(日) 九州国立博物館

ご都合があえば、ぜひぜひ。

ひつじnews at 2014年06月28日 21:52 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)