2011年05月22日

●19世紀インドの星図

インドの星図 インドの星図(部分)

トプカプ宮殿の柄鏡ペルシアの皿絵星曼荼羅クチャの石窟壁画、はたまた司馬江漢の天球図と、ヨーロッパ以外の場所にも黄道十二宮を描いたものは多く見られるのですが、加えてもうひとつ。1840年頃のインドの写本です。

ひつじnews at 2011年05月22日 20:36 | Category : ひつじ話
関連書籍?