5歳の子供にはにはポニー代わり! 英国一大きな羊「グリフ」!!

ひつじ話

体重約127キロ、鼻先から尻尾までの長さが約183センチという、5歳の子供ならポニー代わりに背中に乗って走れるほど大きな羊「グリフ」が、英国の大衆紙「デイリー・メール」で紹介され、その大きさは英国一、また、世界一ではないかとみられていることが伝えられた。
イースト・ヨークシャーのビヴァリーで牧場を経営するボブ・リチャードソンさん(62)の4歳になる雄羊「グリフ」は、19世紀中頃にコッツウォルズ種とハンプシャー種をかけあわせて作られたオックスフォード種の羊であるという。
この種は豊かな羊毛と頑丈な体をもつことで知られ、19世紀から家族代々羊の飼育をしてきたというリチャードソンさんは、食肉用としてより、羊毛の生産に使われていると説明。グリフはその良質な羊毛と体の大きさでこれまで幾度もコンテストで入賞、その羊毛ははるか日本にまで輸出され、布団用のマットレスの原料にされているほか、グリフ自身も種付け用の羊として他の牧場から引っ張りだこで、年間約25頭のメス羊との交配により、約80匹の子羊の父親となっているという。
リチャードソンさんによれば、グリフは他の羊と違って、感情表現が豊かで、言うことをきかない時もきちんと言いきかせてやれば理解するという。
グリフに会うのを誰よりも楽しみにしているのは、リチャードソンさんの5歳になる孫サミュエル君で、牧場を訪れる度にサミュエル君はグリフの背中にまたがり=写真、グリフもまたサミュエル君と遊ぶのを楽しんでいる様子という。
seep.jpg

記事を読む   5歳の子供にはに ...

シープドッグトライアル

ひつじ春夏秋冬

シープドッグトライアルは牧羊犬が羊の群れを誘導し、その能力を競う大会です。
マザー牧場でのシープドッグトライアルは今年で7回目を迎えます。牧場で活躍している実働犬からビギナーまで、多くの牧羊犬の活躍をお楽しみください。
◆予選
10月1日(金)、10月2日(土)、10月3日(日)
(対象:中級クラス、初級クラス)
◆本選
11月7日(日)
(対象:上級クラス、中級クラス、初級クラス)
◆クラスおよび募集予定人数
上級クラス
  主催者推薦者、過去の成績優秀者等
中級クラス
  講習会参加者で予選通過者
初級クラス
  講習会参加者で予選通過者
◆講習会に参加できない方で、予選参加ご希望の方はご連絡ください。
 シープドッグトライアル運営委員会
◆競技概要
制限時間3分以内に、出場犬が5頭の羊を円で囲まれたエリアに誘導し、5秒以上とどまらせて、ポイントを加算させていきます。
円で囲まれたエリアは7箇所(予選は2?3箇所)設置されていて、中級および初級クラスでは羊ホールド柵が円の周囲に設置され、より円の中に入れやすく設定されます。

sdtrial.jpg
マザー牧場

記事を読む   シープドッグトライアル

注目集める「第4の食肉」

ひつじ食

 日本の食卓に上る食肉といえば、まず牛、豚、鶏の3種類。これらに続く「第4の食肉」を開発しようと、商社や食肉会社はこれまで様々な品目を候補に市場開拓を目指したが、なかなか消費者に浸透しなかった。しかし最近になって業界関係者の注目を集める食肉が出てきた。羊肉である。
 羊肉が日本市場に浸透しつつある現状を示すデータがある。生産国の対日輸出量だ。羊肉の大半は輸入品だが、主力供給国のニュージーランドやオーストラリアの生産者団体によると、今年前半のラム(子羊肉)の対日輸出量は前年同期比で4―5割も伸びた。
 供給が増えても価格は堅調だ。東京地区のショルダー(肩肉)冷蔵品の卸値は9月前半時点で1キロ600円と、直近の安値だった6月より約50円(6.7%)高い。都内の大手食品スーパーでは「ラムの売り上げが前年比2倍」となったケースもある。
 羊肉の人気が高まった背景として、国内外でBSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザの発生が相次いだことが挙げられる。類似の感染症が確認されていない羊肉について、消費者が「安全だ」と注目するようになった。感染症が発生するたび、牛肉や鶏肉の取り扱い縮小に追い込まれたスーパーが、代替品として羊肉の販売に力を入れた面も大きい。
 消費者の健康志向も需要を押し上げた。「羊肉に含まれるカルニチンという物質がダイエットに役立つ」とテレビの情報番組などで取り上げられ、女性を中心に“支持率”が急上昇した。
 食味も向上。かつて羊肉といえばマトン(成羊の肉)が主力で、とりわけ羊毛生産を終えた7―8歳の羊を処分した肉が多く出回った。このことが「羊には独特のにおいがある」(商社)とのイメージを与えたが、最近はラムが主役になり、マトンも若いものが増えた。「羊肉料理を客に出しても、においがないので、『本当に羊肉か』と聞き返されることがある」(都内の外食店)という。
 都内では北海道の郷土料理ジンギスカンの専門店も増えた。7月に目黒区に出店した札幌市の企業経営者は「他の外食店に比べ競合が少ない点が魅力」と語る。
 羊肉は牛や豚に比べ宗教上の制約が少なく、世界で最も多く消費される肉ともいわれる。関係者は「牛モツのような一時のブームには終わらない」(食肉会社)と手応えを感じ始めている。

記事を読む   注目集める「第4の食肉」

羊への被害で、オオカミ4頭の狩猟許可

ひつじ事件

 フランスのアルプス地方で、放牧した羊がオオカミに襲われる被害が急増、フランス政府と同地方3県が年末までに4頭のオオカミを狩猟することを条例で許可したことから、野生動物保護団体が条例取り消しの訴訟を起こすなど、対立している。
 数が激減したオオカミは国際法や欧州連合(EU)の条約で保護され、狩猟は禁止されている。
 南東部アルプドオートプロバンス県の当局者によると、今年に入ってオオカミによる羊の襲撃が急増、同県だけでも羊274頭が殺された。
 この被害に羊飼い約100人が「羊かオオカミのどちらを選ぶのか。共存はできない」と、オオカミに殺された子羊2頭を掲げながらデモ。ルペルティエ環境相は7月、「国内でオオカミは39頭確認され55頭いると推計される。年間の増殖率が20%なので保護に影響はない」として、4頭の狩猟を許可した。

記事を読む   羊への被害で、オ ...

フリーマンさんが羊の輸出禁止を訴え

ひつじ事件

 シドニー五輪の陸上女子400メートル金メダリストで、オーストラリア先住民族アボリジニのキャシー・フリーマンさん(31)が12日、五輪開幕を前にアテネ市内で羊の輸出禁止を訴えた。
 オーストラリアでは最近、羊を中東や北アフリカ諸国に船で輸出するケースが増加。劣悪な環境下で輸送中に死ぬ羊も多く、動物保護団体の非難を受けている。
 アテネ五輪では聖火リレーの最初の走者を務めたフリーマンさん。アテネの象徴、パルテノン神殿を見渡せるビルの屋上で子羊を抱きかかえ、「羊を屋根もない船で、ろくに世話もしないまま何千キロも運ぶような残酷な行為は今すぐやめて」と話した。

記事を読む   フリーマンさんが ...

逃げて隠れて6年間

ひつじ話

ウェリントン――人口400万人に対し羊4200万頭のニュージーランドで「あれは……何の生き物?」と発見者の度肝を抜いた、羊の「シュレック」が28日、遂に6年分のこんもりした羊毛を刈り取られた。首都ウェリントンから全国生中継されたチャリティー・ショーで、シュレックはおとなしくあおむけにされ、羊毛刈り全国チャンピオンの手にかかった。わずか20分で刈り落とされた27キロもの羊毛は、小児ガン患者支援基金のため、ネットオークションにかけられるという。
ニュージーランド南島の牧場で今月初め、シュレックは発見された。牧場の作業員が小高い岩場に、見たこともない不思議な生き物を発見。あれはなんだと騒ぎになり、よく見てみると、伸びに伸びた羊毛でこんもりモコモコ状態になった雄のメリノ種羊だということが判明した。いつの間にか群れから「ひとり」離れて、広大な牧場敷地内の岩山で暮らしていたと思われている。
大々的なチャリティー・ショーで一気に27キロ分の羊毛を刈りとられたシュレックは、体のバランスが取りにくい様子で、少しフラフラ。間もなく訪れる南半球の冬に備えて、ショーの主催者は名前入りのメリノウール・コートをシュレックに進呈していた。

記事を読む   逃げて隠れて6年間

続報・超毛深いヒツジの中に人は居たか。

ひつじ話

超毛深いヒツジ、遂に毛を刈ることに(ちょいキモ)で紹介したニュージーランドのメリノ羊シュレックの毛刈り式が現地時間の28日に行われた。
映画「シュレック」のキャラクターから名づけられたこの羊は6年間、毛刈りから逃げ回っていた9歳の羊。今回ようやくつかまって、数百人の観衆が見守る中、毛刈りチャンピオンの手によって毛が刈られた。
毛刈りに要した時間は25分。電気バリカンを使わず昔ながらの特大ハサミでシュレックの毛は刈られた。このウールはおよそ27.5キロで380メートルあった。
シュレックのウールから20着分のスーツが作られる見込みだが、今や世界的有名ヒツジになったシュレックのウールは子供のためのチャリティオークションに出品されるという。
この種のヒツジは標高1500メートルの高さの山脈で洞窟に隠れながら植物を食べて暮らしている。冬は厳しい寒さになるが、ニュージーランドではこれからが冬になるため、シュレックは特注のメリノウールで作ったジャケットを着て越冬することになる。
hairsheep_after.jpg

記事を読む   続報・超毛深いヒ ...

超毛深いヒツジの中に人は居たか。

ひつじ話

30キロほどの羊毛を蓄えたメリノヒツジの“シュレック”がニュージーランドで話題になっている。
この“シュレック”と名づけられたヒツジは9歳になるが、6年もの間、羊飼いから逃げ“毛刈り”を免れてきた。
20センチ以上もある毛で全身が覆われて、体がほとんど見えないため、熟練した技術を持つことで有名なダニエルさんの手で刈られることとなった。ダニエルさんによると、このシュレック1匹の羊毛から、高級で有名なメリノウールの男性用スーツが20着仕立てられるほどの量がとれるという。
この超毛深いヒツジ・シュレックの毛刈り式は、日曜日の夜に行われる予定で、飼い主のジョンさんによると、動物のドキュメンタリーとしてシュレックの毛刈りを取材したがっているテレビ局から連絡があったという。また、毛刈りをすればチャリティ用に金銭を寄付するとの申し出もあったという。
hairsheep.jpg

記事を読む   超毛深いヒツジの中に人は居たか。

爆音で「ドラえもん」=アクセル操り、巧みに演奏?暴走族82人検挙・大阪府警

ひつじ事件

大阪府内で車やバイクに乗り、暴走したとして、大阪府警交通捜査課などは2日までに、暴走族「七星」など13グループの現役・OBら計82人を道路交通法違反(共同危険行為等禁止)の疑いで検挙、うち16歳から26歳の25人を逮捕した。
エンジンの爆音で「ドラえもん」や「メリーさんの羊」を演奏しながら暴走していた男もいたという。
この男は、アクセルとブレーキを使って巧みにエンジン音の高低を変えて演奏。捜査に当たった同課幹部は「演奏には高度な技術が必要」と驚いている。

きっと幼い頃に音楽イモにあこがれた世代なのでしょう。
……いや、それだと40歳前後くらいか。

記事を読む   爆音で「ドラえも ...

中東への輸出前に 羊に豚ハム食べさせ妨害 豪愛護団体

ひつじ春夏秋冬

オーストラリアの動物愛護団体が、出港前の羊に豚肉のハムを食べさせ、ブタ肉を食べることが禁じられているイスラム教徒が多い中東への輸出を阻止していた。
【この団体は「アニマル・リベレーション」。AAP通信によると、メンバーの男性(40)が、ビクトリア州の港で出港を待つ約7万頭の羊に、ハムを食べさせた(略)輸出業者は「とんでもないことをしてくれた」と苦い顔だが、愛護団体は「羊は輸出を免れた。すばらしい結末だ」とコメントを発表した。豪州は年間約600万頭の羊を輸出しており、イスラム諸国も「得意先」だという】

JANJAN (元記事:毎日新聞

記事を読む   中東への輸出前に ...

チュニジア料理 ハンニバル

ひつじ話

羊を食べる会
今年は羊年なので、というわけでもありませんが、羊肉を食べる会を何回か催してきました。今回はその特大バージョン、ということで、お店を借り切って羊の丸焼きを食べる会です。

さて、開催場所は新大久保のチュニジア料理 ハンニバルです。
ここは日本で唯一のチュニジア料理専門店。クスクスも絶品。それから卵入りの春巻みたいな揚げ物もおすすめ。羊にこだわらない人もぜひ行ってみてください。オーナーのモンデールさんも愉快な人です:)
けっこう混んでいるので予約がおすすめ。

こちらの方は45人?で食されたようですが、うちの知人は15人ほどで一頭丸焼きしたらしいです。
どんだけ食ったんだアンタら。
(3倍? 3倍食べたの?)
AYAYA’s Diary

記事を読む   チュニジア料理 ハンニバル

羊木?纈屏風

ひつじグッズ

今年が未年であることにちなみ、正倉院宝物の一つである「羊木?纈屏風」から、羊と樹木の部分を取り上げています。
羊木?纈屏風は、上端には花喰い鳥、中央には羊と樹木、下段には山岳を配した、ササン朝ペルシャ風の構図となっており、樹木の幹には2匹の小猿、山岳中には立ち止まって見返る1匹の仔鹿が表されています。
この屏風に描かれている羊の大ぶりの巻き角や、連珠文様の胸帯をかけている姿態は、エジプトのアンチノエ発見のササン朝期の羊文錦と通じるところがあるともいわれています。
下端には「天平勝宝三年十月」(天平勝宝3年は751年)と墨書があり、当時の税(租庸調)の一つである調のあしぎぬの銘識の一部ではないかといわれています。

羊木?纈屏風 切手
切手趣味週間にちなむ80円郵便切手(ゆうびんホームページ)

記事を読む   羊木?纈屏風

企画展「ヒツジおもしろクエスチョン」を開催

ひつじ春夏秋冬

 今年は金沢動物園のシンボルマークのモデルにもなっているオオツノヒツジの年(未年)ということで、ヒツジに関する知識を楽しみながら学べる「ヒツジおもしろクエスチョン」という企画展を開催します。
 「オオツノヒツジに関するクエスチョン」の他に「ヒツジという動物について」「ヒツジがつくことば」「宗教や物語に登場するヒツジ」「産業とヒツジ」の5つのジャンルごとにクエスチョンが用意され、どの問題にも写真やイラストを使ったわかりやすい説明が付けられています。オオツノヒツジの足跡スタンプを記念に押すコーナーもあります。
「ヒツジおもしろクエスチョン」で紹介しているクエスチョン
☆「オオツノヒツジ」についてのクエスチョン
オオツノヒツジという名前の意味は?
オオツノヒツジはどういう所に棲んでいるの?
オオツノヒツジはメスにも角があるの?
オオツノヒツジはどんな餌を食べているの?
オオツノヒツジはどんな蹄をしているの?
☆ヒツジという動物についてのクエスチョン
「ヒツジ」ってどんな動物?
「ヒツジ」と「ヤギ」はどこが違うのでしょう?
金沢動物園に「ヒツジ」はいるの?
一番大きいヒツジと小さいヒツジは?
☆歴史や宗教・物語に登場するヒツジについてのクエスチョン
「ヒツジ」はいつ頃から日本にいたの?
「羊神社」があるって本当?
神話や民話にも「ヒツジ」が登場するの?
キリスト教にはどうして「ヒツジ」がよく出るの?
☆文化や産業についてのクエスチョン
「ヒツジ」にはどんな利用法があるの?
「ヒツジ」の毛刈りはいつ頃から行われたの?
「ヒツジ」の毛からどうやって毛糸ができるの?
ソーセージが生まれた国は?ドイツ??アメリカ??中国?
☆ヒツジがつくことばのクエスチョン
眠れないときにヒツジを数えるのはどうして?
「メリーさんのヒツジ」の他にヒツジが登場する歌知ってる?
「ヒツジグサ」ってどんな草?
「羊」を使って漢字を作ろう
今はやりの「フリース」と羊の意外な関係知ってる?
「羊頭狗肉」の本当の意味は?
「羊歯」とヒツジの関係は?
「羊羹」とヒツジの関係は?

すごい気になります。色々と。

記事を読む   企画展「ヒツジお ...

干支 未(ひつじ)

ひつじグッズ

 平成15年(2003年)は、干支では未(ひつじ)年にあたります。
 羊と人間との関わりは大変古くからのもので、およそ1万年前から家畜として飼われてきたといわれています。元々は日本にはいなかった動物なのですが、推古天皇の頃に百済国より送られてきたと『日本書紀』に書かれているのが最古の記録とされます。羊が本格的に飼育されるようになったのは、西欧化により羊毛の需要が増えた明治期のことになります。羊毛をはじめとして、様々な用途に使われるありがたい存在であるとともに、その温厚な性格と、毛むくじゃらの愛らしい姿はわたしたちをあたたかく和ませてくれます。
 また、『大漢和辞典』(大修館書店)によりますと、「羊」という漢字は、「祥」の字に通じており、「よい」という意味をもった縁起のよい字とされていますし、実際の羊も宗教的に重要視された神聖な動物といわれています。
 今回は、新しい年が羊のように穏やかな幸多き年となるように、羊の様々な面がうかがえるような当館所蔵の関係資料をご紹介いたします。
●展示資料●
約100冊

ひつじ関連書籍リストとしてご活用されてはいかがでしょうか?

記事を読む   干支 未(ひつじ)

羊のイラストがプリントされたゴルフボール

ひつじグッズ

「羊」マーク入りゴルフボール2002_102_2.jpg

ゴルフの起源は羊飼い
ゴルフの起源には諸説ありますが、羊飼いが杖で小石を打って遊んだのが始まりという説が一般的です。このようにゴルフに縁のある未年に「羊」マーク入りボールを使ってプレーするのもいいかもしれません。

記事を読む   羊のイラストがプ ...

PAGE TOP