2017年03月12日

●モザイクタイルのヒツジ。

岐阜県多治見市にある、多治見市モザイクタイルミュージアムに行ってまいりました。

tile170312.jpg

施釉磁器モザイクタイル発祥の地にして、全国一の生産量を誇る多治見市笠原町に誕生したモザイクタイルミュージアムは、タイルについての情報が何でも揃い、新たな可能性を生み出すミュージアムです。
設計は、独創的な建築で世界的な評価の高い建築家、藤森照信氏。
タイルの原料を掘り出す「粘土山」を思わせる外観は、地場産業のシンボルとして、なつかしいのに新鮮な、不思議な印象を与えます。

さて、ファンタジー世界に迷い込んだような錯覚を楽しめるこちらの博物館ですが、見どころはなんといっても最上階の常設展示フロアです。

tile170312no4.jpg

こんな感じで空に向かってモザイクタイルのカーテンが広がってます。雨でもタイルだから平気です。
そしてこのフロアに、古い銭湯のタイル絵が展示されているのですが。

tile170312no2.jpg

あ。ヒツジだ。

tile170312no3.jpg

十二支を描いたものの一部だと思うのですが、お風呂につかりながらヒツジを眺めるというのは、ちょっとオツな感じです。現役だったときにめぐりあいたかったですね。

お近くならば、多治見まで、ぜひ。

ひつじnews at 2017年03月12日 18:04 | Category : ひつじ春夏秋冬
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)