2005年03月30日

●ウェリントン(ニュージーランド) 羊を駒に楽しめるゲーム

 ニュージーランドは羊の国。なだらかな緑の丘で、たくさんの羊たちが草をはむ光景はガイドブックでおなじみだろう。観光地の土産物屋は、どこもかしこも昔ながらの素朴なデザインのセーターやベストを並べる。

 ただ、羊毛製品はかさばるし、値段も張り、趣味もある……と、悩んだ観光客が結局、手にするのは、羊をモチーフにした様々な小物。鉛筆立てや冷蔵庫の扉に張り付けるマグネットなど、種類も値段も多数ある中、最近人気なのが、羊を駒にしたゲーム盤だ。

 首都ウェリントン中心部の店で働くフロー・ヘッツルーカスさん(59)は「1年前から置いてるけれど、買っていくのはほとんど外国からの観光客」と話す。

 樹脂製で、12センチ四方のゲーム盤と、とぼけた表情の白黒2色のヒツジの駒8つがセットで19・95ニュージーランド・ドル(1500円)。遊び方は白と黒に分かれて駒を置いて行き、縦横斜めいずれか3マスを埋めた方が勝ち。120ニュージーランド・ドルでチェス盤もあり、置物としても使える所がウケているという。

 実は、ニュージーランドの羊は、農業の多角化のため、飼育数が過去20年間で半数近くに激減。ウェリントンが位置する北島も、かつての牧場に代わり今やブドウ畑が累々と連なる。「でも、やっぱり外国人には羊のイメージが強いのよね」。ヘッツルーカスさんはやや複雑な表情だ。

 「あーこれこれ。友達がニュージーランドで買ってきたのを見て、探していたのよ」。そんなヘッツルーカスさんを前に、豪ブリスベーンから来たという女性客が喜々として一つ買って行った。

羊を駒に楽しめるゲーム
かわいらしいゲーム盤。ひょうきんな羊たちの表情が人気の秘密だ

ひつじnews at 2005年03月30日 22:44 | Category : ひつじグッズ
関連書籍?