2015年10月03日

●第67回正倉院展

先日、正倉院宝物の毛氈が羊毛であることが証明されたとのニュースをご紹介したのですが、そのフェルトの品が次回の正倉院展にて出陳される模様です。

会期  平成27年10月24日(土)─11月9日(月) 全17日
会場  奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日  会期中無休
開館時間  午前9時─午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月24日─25日、10月30日─11月1日、3日、6日─8日)は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで

主な出陳品

花氈(かせん)
花氈は今日のフェルトと同様に獣毛を縮絨(しゅくじゅう)させて作った文様(もんよう)入りの敷物。
本品は大型の1枚で、裏面に「東大寺」印が3顆捺(お)されており、東大寺所用のものと考えられる。
近時の調査で羊毛が使用されていることや製法が明らかになった。

これは楽しみです。
正倉院宝物のお話はときどきしておりますので、こちらで。

ひつじnews at 2015年10月03日 16:55 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)