2014年08月25日

●葛飾北斎 「麦藁細工報状」(部分)

hokusaimisemono140822.jpg

hokusaimisemono140822bubun.jpg

麦藁細工報状 版画 大判 太田記念美術館

文政三年(1820)二月に、浅草奥山で興行された麦藁細工による、見世物の内容を伝えるために版行されたものである。
この時の興行では、出し物の下絵を北斎が描いて、大評判であった。

葛飾北斎の版画を。同時代人である猿猴庵の「新卑姑射文庫」には糸細工の十二支が出てきましたが、見世物のモチーフに十二支を使うというのは、この頃によくあることだったのでしょうか。
北斎は、これまでに二、三ご紹介していますので、こちらで。

ひつじnews at 2014年08月25日 16:26 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)