2014年08月22日

●コナン・ドイル 「白銀号事件」

「ちかごろになって羊に何か変ったことはなかったかね?」
「へえ、大したこともございませんが、三頭だけどういうものか脚の具合が悪くなりましたんで」
ホームズは大そう満足らしかった。
にこりと笑って、しきりに両手をこすり合せていた。
「大胆な想像だよ、ワトスン君。非常に大胆な想像があたったよ。
─グレゴリーさん、羊のなかに妙な病気が流行しているのは、大いにご注意なすったらよいと思いますよ。じゃ、御者君、やってください」

少し前に「緋色の研究」のお話をして以来、個人的にシャーロック・ホームズづいていたのですが、羊の出てくる事件がもうひとつありましたので、引き続いてご紹介を。『シャーロック・ホームズの思い出』所収の「白銀号事件」です。この羊が、事件の解決に絡んでわりと重要な要素になるのですよ。

ひつじnews at 2014年08月22日 21:12 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)