2014年08月08日

●ジャック=レイモン・ブラカサ 「海辺の羊」

umibe140808.jpg

ブラカサの作品は、18世紀に貴族階級からもてはやされた狩猟画とは異なり自然景観のなかでたたずむ羊や牛たちの姿を精緻にかつ情感ゆたかに描き出したところに特徴がある。
ブラカサが生み出したこうした作品は、新しいスタイルの動物画として、トロワイヨンをはじめとする次代の画家たちに大きな影響を与えた。

 「バルビゾンから印象派」展カタログ 

19世紀フランス、ジャック=レイモン・ブラカサの「海辺の羊」です。影響を与えたとされるトロワイヨンのお話はよくしておりますので、こちらでぜひ。

ひつじnews at 2014年08月08日 19:06 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)