2008年02月14日

●「かえでがおか農場のなかまたち」

「かえでがおか農場のなかまたち」

メエは いつも まいごになるし、農場の入口もみつけられません。
じぶんの子ヒツジが どれかも、わからなくなるので、こまって、よくないています。
どの草はおいしくて、どの草には どくがあるかも、わかりません。だから、よく おなかをこわします。
毛をかられるときは、こわくて、きぜつします。

アリスとマーティン・プロベンセンの「かえでがおか農場」シリーズの一冊です。
農場で飼われているたくさんの動物たちのなかの一頭、羊のメエの味のあるエピソード。気絶って。

ひつじnews at 2008年02月14日 22:31 | Category : ひつじグッズ
関連書籍?