2006年07月21日

●「もーもーらんど油山牧場」が10周年記念イベントを開催!

ふわふわした手ざわりの仔ヒツジたち

福岡市南区のもーもーらんど油山牧場で10周年記念としてクイズラリーなどの特別イベントを開催する。

今年の夏にオープン10周年を迎える「もーもーらんど油山牧場」では、7月20日から8月31日にかけてさまざまな記念イベントが行われる。

好評の搾乳体験、乗馬体験や、日曜、祝日のバターづくり教室に加えてクイズラリーを毎日開催。仔ヒツジたちとのふれあいコーナーなども設ける。平日は、グラウンドゴルフや特製かき氷の販売を行い、気温が30度を超すとスプリンクラーを使用したシャワータイムを実施。駐車場の無料サービス(月曜)、ソフトクリーム10%OFF(木曜)など日替わりの特典も用意している。

ひつじnews at 00:18 | Category : ひつじを見にいく , 九州 | 関連書籍? | コメント [2]

2006年05月05日

●春らんまんフェスタ:羊毛刈りに歓声??長崎

 長崎市いこいの里「あぐりの丘」(同市四杖町)で3日、羊の毛刈り体験があった。飼育員の手助けで、子どもたちもバリカンでふさふさした羊毛を刈り「スリムになったねー」「かわいい」と歓声を上げた。ゴールデンウイークの「春らんまんフェスタ」の一つ。羊の毛刈りは毎年あるが、一般の入場者が体験するのは初めて。7日まで。

 飼育員の赤瀬励さん(35)らが見本を示した後、家族連れで訪れた人たちが体験した。約10センチに伸びた羊毛がみるみる刈り上げられ、子どもたちは刈った毛を記念に持ち帰った。赤瀬さんは「お客さんのノリがいいですね。ぜひ一度体験してください」と話していた。

 羊の毛刈りのほか、牛の乳しぼり▽工作コーナー▽乗馬体験??など多彩なイベントがある。

ひつじnews at 10:09 | Category : ひつじを見にいく , 九州 | 関連書籍?

2006年03月10日

●サファリに“春” ムフロンシープ 続々とベビー

岩場を元気に駆け回るかわいいムフロンシープの赤ちゃん

 奥別府のアフリカンサファリで、ヒツジの原種とされるムフロンシープの赤ちゃんが続々と生まれている。母親と一緒に元気に走り回る姿がサファリに春本番を告げる。

 ムフロンシープの赤ちゃんは体長三○センチほどで、生後約三十分で立ち上がるという。ムフロンシープがすむ山岳セクションのあちこちで母親を一生懸命に追い掛けたり、乳を飲む赤ちゃんのかわいらしい姿が見られる。

 今年に入って生まれた赤ちゃんは約二十頭と、例年に比べて多い。同施設では「二○○二年から岩場のある、自然に近い環境を再現した山岳セクションに移し、リラックスしてきた効果もあるのでは」と話している。

ひつじnews at 00:15 | Category : ひつじを見にいく , 九州 | 関連書籍?

2005年04月30日

●大型連休スタート 子供たち、各地で歓声 /鹿児島

 ゴールデンウイーク初日の29日、県内は好天に恵まれ、汗ばむほどの陽気となった。行楽地は多くの家族連れらでにぎわい、芝生の上で弁当を広げたり、イベントを楽しむ姿がみられた。

 鹿児島市平川町の平川動物公園は5月5日まで「こどもまつり」を開催し、動物たちと触れ合ったり、好きな動物にえさをあげるイベントなどが開かれている。この日は園内のふれあいランドでウサギやモルモット、ヒヨコ、ヤギなどと触れ合うイベントがあり、多くの子供たちが参加。ヒヨコの柔らかい羽毛や、ふかふかの羊の感触を楽しんだ。最初は、怖がって近づけなかった子供も、動物たちのおとなしさに安心して笑顔を浮かべるなどしていた。

ひつじnews at 23:13 | Category : ひつじ春夏秋冬 , 九州 | 関連書籍?

2005年04月29日

●さあ、出かけよう??イベント紹介 /宮崎

高千穂牧場

(都城市吉之元町)=羊のレース(5月1、3?5日)、羊の毛刈りショー(同)、乗馬体験、ソーセージ・バター・アイスクリーム手作り体験など。

ひつじnews at 23:40 | Category : ひつじを見にいく , 九州 | 関連書籍?

2005年04月10日

●熊本市動植物園:動物と直接触れ合って 「タッチ愛ランド」を新設

 熊本市動植物園に動物と身近に接することができる「動物ふれあい広場『タッチ愛ランド』」が10日、オープンした。減少する入場者を呼び戻すための試みだが家族連れの人気を集めそうだ。

 同ランドは動物園の中央奥の約1・2ヘクタールの敷地に新設。動物とのスキンシップが楽しめる「ふれあい体験ゾーン」と、アスレチック遊具や動物の実物大模型などがある「遊び体験ゾーン」からなる。

 ふれあい体験ゾーンでは1日3回、モルモットとヒヨコを抱ける催しを実施。ほかにもヒツジなどが触れる。天草大王など肥後五鶏も展示。多目的室もあり、聴診器をあてて心音を聞くなど、親子で動物の生態を学べる。

 遊び体験ゾーンはプレーリードッグのコーナーが見どころ。トンネルをくぐり、モグラのように地面の下から透明プラスチックドームに顔を出し、低い目線から群れに仲間入りしたような臨場感で見学できる。

 熊本市動植物園の入場者数は郊外レジャー施設の増加などで、昨年度は64万6050人と10年前の約130万人から半減している。同動植物園の林将孝企画教育係長は「初日は上々のすべり出し。ゴールデンウイークも期待できる」と話していた。

ひつじnews at 05:21 | Category : ひつじを見にいく , 九州 | 関連書籍?