2014年12月04日

●「装いの美 大名のおしゃれ」展

kegawahaori141204.jpg

白羊毛皮付き羽織
胴に毛の長い白羊の毛皮を、袖には銀糸を用いた緞子を、内側にはオランダ木綿を用いた絢爛豪華な羽織です。


「装いの美 大名のおしゃれ」展

大名とその子女が身にまとった装束・衣服のほか、化粧に関する調度品や、印籠・根付、簪などの手回り品などから、大名家の華麗な装いと美意識を紹介します。

会期 平成26年11月15日(土)─12月14日(日)
開館時間 午前10時─午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日

名古屋市の徳川美術館へ「装いの美」展を観に行ったら、たいへんな羽織が展示してありましたので、ご注進です。
羅紗の陣羽織のお話ならば少し前にしたことがありますが、これはフリースをそのまま使っているのですね。実用なのか、かぶいているのか、そもそもどうやって手に入れたのか。
こちらの展覧会は、12月14日(日)で終了のようです。日が迫っておりますが、お近くならば、ぜひ。

ひつじnews at 2014年12月04日 13:34 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)