2014年04月01日

●大英帝国の地図

sekaizu140401.jpg

sekaizu140401bubun.jpg

「肖像の並んだ絵図」の伝統を意識的に用いた、才能あるヴィクトリア時代の挿絵画家、ウォルター・クレインが帝国的主題の行進を彫刻のレリーフのような様式で描いている。
クレインの美術は日本の版画やアール・ヌーヴォーの影響を受けているが、その2つの要素はここにはっきりと現れている。

19世紀末、イギリスで作られた世界地図(の部分)です。オーストラリアを示すと思われるあたりに、メリノ羊が。

ひつじnews at 2014年04月01日 20:45 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント