2014年01月22日

●カカオ豆に似たなにか。

チョコレートは、まずスペイン、それからイタリア、フランダース、そしてイギリスで飲まれるようになった。
最初はスペインの独占であった。1579年オランダの海賊船がスペイン船を捕らえたが、積んであったカカオ豆をみて、羊の糞といって、海に投げ捨てたことからも、その当時、カカオについての認識がなかったことがわかる。
しかし、17、8世紀にチョコレートの要求が高まるにつれて、フランスやオランダがその独占を崩しにかかった。

ウィキペディア内 チョコレートの歴史 及び ホット・チョコレート

季節柄というにはやや早い気もしますが、チョコレートのお話です。
ヨーロッパにおけるチョコレートの歴史は、16世紀のスペインによるメソアメリカ征服から始まりました。
薬効への期待やキリスト教聖職者たちによる愛用、王室間の結婚などによって広まっていきましたが、初期のころには、ずいぶんもったいないことが起きていたようです。なんてことを。

ひつじnews at 2014年01月22日 17:22 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント