2008年05月27日

●「ギルガメシュ王ものがたり」

「ギルガメシュ王ものがたり」

からだを長い毛でおおわれたエンキドゥは、動物たちとなかよくなるにつれ、動物たちのことをおもいやり、やさしくしてやれるようになりました。
けれども、エンキドゥは、人間のやさしさはしりませんでした。ほかの人間を見たことがなかったからです。

ルドミラ・ゼーマン文、絵による、ギルガメシュ叙事詩を下敷きにした絵本です。上は、後にギルガメシュの親友となるエンキドゥ、と羊たち。

ひつじnews at 2008年05月27日 20:36 | Category : ひつじグッズ
関連書籍?