2007年04月17日

●「羊飼いの四本のろうそく」

「羊飼いの四本のろうそく」

 そのうちに、雪のようにしろい毛のこひつじが、メエメエなきながら、シモンにからだをすりよせました。
 「だいておやり」と、ヤコブがいいました。「まだ、ほんのあかんぼうなんだよ。おまえがめんどうをみてやるといい。」

ゲルダ・マリー・シャイドルのクリスマス絵本です。アドベントクランツをイメージさせる四本のろうそくを持って、見失った子羊を探す少年が出会ったものは。

ひつじnews at 2007年04月17日 18:17 | Category : ひつじグッズ
関連書籍?