2005年05月16日

●五羊仙庭

五羊石像

広州市越秀山

開放時間:06:00?21:00

入場料:3元

交通:バス5/14/58/101路 越秀公園から徒歩1分

 越秀公園内南秀湖の南西部に造られた庭園。広州の旧称“羊城”の由来となる伝説の5匹の羊を刻んだ高さ11mの「五羊石像」が中にある。神様が貧しい広東の地にそれぞれ異なる穀物の種をくわえた5匹の羊を遣わし、五穀豊穣の地になったという。この伝説のよちなみ、広州は“五羊城”、“羊城”と呼ばれる。この五羊石像はいまでは広州のシンボルとされている。


伝説の羊とかいわれるとその拳(蹄?)で世界を救ったのかと思ってしまいます。
5色のヒツジとかだと別の意味で伝説になりそうです。

穀物の種は呑み込んだり反芻したりしなかったんでしょうか?

ひつじnews at 2005年05月16日 00:18 | Category : 地名・団体
関連書籍?