2005年05月03日

●チロルの森で子羊4匹誕生 来場者に授乳体験

 塩尻市北小野の信州塩尻農業公園チロルの森で羊が出産期を迎え、かわいらしい子羊が誕生している。触ったり、えさを与えることができる「動物ふれあい広場」でデビュー。大型連休中、子供たちの人気を集めている。

 牧羊犬による羊の追い込みショーや乗馬、牛の乳しぼり体験なども行っているチロルの森は多くの動物を飼育。羊は雄一匹を含め二十匹。出産期は三月初旬―五月初旬で、これまでに昨年より一匹多い四匹が誕生した。

 授乳しない母親に代わり、職員が牛乳を与え育てている子羊もいる。羊ショーの中で、来場者に授乳を体験してもらう予定だ。子羊は生後一カ月で体長約五十センチ。かわいい姿は例年、「縫いぐるみみたい」と子供たちの人気を集めている。

ひつじnews at 2005年05月03日 11:00 | Category : ひつじを見にいく , 中部
関連書籍?