2005年05月13日

●羊さん 一足早く“衣替え” 浜松市動物園 今年も毛刈り

 浜松市舘山寺町の浜松市動物園で12日午前、梅雨の訪れを前に羊たちの暑さ対策と病気の予防のため、毛刈りが行われ、一足早い“衣替え”を済ませた。

 毎年の恒例行事で同園で飼育している英国産サフォーク種、4頭のうち「シュン」(雄、7歳)と「ベス」(雌、3歳)の2頭の毛が刈り取られた。

 飼育係の職員が電動バリカンなどで体を傷つけないよう慎重に作業を進めた。厚い“ウール”をさっぱりと脱ぎ捨てた羊たちは気持ちよさそうに鳴き声を上げていた。

 残りの2頭の毛刈りは15日午前に行われる。

毛が刈られ気持ちが良さそうな羊?
蒸し暑そうな毛が刈られ気持ちが良さそうな羊

あまり気持ちよさそうに見えないところがポイントかもしれません。

ひつじnews at 2005年05月13日 00:15 | Category : ひつじ春夏秋冬
関連書籍?