2015年10月31日

●橘南谿 「東西遊記」

又、長崎にたまたまやぎという獣あり。
其形羊に似て色黒く、毛ながきもの也。
薩州鹿児島にも是あり。
隅州の内にはやぎの牧ありて、多く育てりという。
何の用になすものにや知らず。

江戸後期における羊飼育についてご紹介したときに触れた、橘南谿の紀行「東西遊記」から、羊に関する一文を。

ひつじnews at 2015年10月31日 18:23 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)