2015年10月06日

●大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史

先日の第67回正倉院展に続いて、展覧会情報を。
以前お話したことのある、メソポタミアの謎の箱「ウルのスタンダード」。
こちらの現物を、神戸市立博物館で開催中の「大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史」で見られるようです。

会期 2015年9月20日(日)―2016年1月11日(月・祝)

会場 神戸市立博物館

開館時間 平日、日曜日 午前9:30─午後5:30(入館は午後5:00まで)
       土曜日 午前9:30─午後7:00(入館は午後6:30まで)

休館日 月曜日、10月13日(火)、11月24日(火)、12月29日(火)─2016年1月1日(金・祝)
     (ただし10月12日(月・祝)、11月23日(月・祝)、2016年1月4日(月)、11日(月・祝)は開館)


ウルのスタンダード
メソポタミアの古代都市ウルで、王家の墓から見つかった「箱」。
贅沢な素材が使用され、ウルが経済的に豊かで盛んな交易を行っていたことがわかる。「スタンダード(軍旗)」と通称で呼ばれているが、用途は不明。
片面には祝宴の様子が、もう片面には戦争の様子がモザイクで描かれている。
豊かさが階級社会を生み出し、また豊かさを保つために近隣部族との覇権争いが繰り広げられたことが読み取れる。

ぜひとも。

ひつじnews at 2015年10月06日 17:06 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)