2015年09月18日

●「ポントルモの日記」

木曜日の朝、眩暈がして一日中続いた。
それ以来気分が悪く頭がぼんやりしていた。
木曜日の晩は旨い去勢羊のミネストラと砂糖大根のサラダ。

金曜日の晩、砂糖大根のサラダと卵の魚にした卵を二つ。

土曜日、断食。

日曜日の晩は枝の主日の晩で、夕食に茹でた去勢羊とサラダを少しずつ食べた。
それに三クァットリーノのパンを食べたはずだ。

月曜日の晩は夕食の後とても元気があって具合が良い気がした。
レタスのサラダ、旨い去勢羊のミネストラ、それに四クァットリーノのパンを食べた。

16世紀フィレンツェの画家、ヤコポ・ダ・ポントルモが最晩年につけていた日記です。おそらくは健康管理を主目的としており、そのためか食事の話が延々と続きます。……羊肉、多いですね。

ひつじnews at 2015年09月18日 18:08 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)