2015年09月07日

●シュレックを超えるもこもこ羊現る。

オーストラリアの首都キャンベラ近くで毛が伸びすぎて命を失う危険もあった羊が見付かり、羊の毛刈りの王者が志願して余分な毛を排除し、助け出す一幕がこのほどあった。

豪州の王立動物虐待防止協会によると、長さ約45センチの毛刈りには45分間要し、刈り取った量は40・45キロ。世界最多の記録としている。作業の間、羊をおとなしくさせるため鎮静剤が投与された。
同協会は豪州の毛刈り王者をこれまで4度獲得していたイアン・エルキンスさんに接触し、助言を求めていた。

巨大な体を持つこの羊は発見者から「クリス」と呼ばれ、見付けた時はほとんど歩けない健康状態に陥っていたという。クリスは羊毛を採るために育てられるメリノヒツジ種とされる。
クリスの年齢や性別、体長などは不明。キャンベラ郊外で発見された経緯も伝えられていない。

ak様とK&T様から、ニュージーランドの脱走羊シュレックを軽く上回る巨大羊のニュースをお知らせいただきました。ありがとうございます。
シュレックの羊毛は27キロだったのですが、今回のクリスは40キロ。ここまで来ると、命にかかわってしまうのですね。無事で良かったことです。

ひつじnews at 2015年09月07日 18:58 | Category : ひつじ事件
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)