2015年03月04日

●ハウツィンガー 「マリー・アントワネット、フランス王ルイ16世とマクシミリアン大公」

marie150304.jpg

marie150304bubun.jpg

末の息子マクシミリアン大公が、ヴェルサイユ宮殿にて、姉マリー・アントワネットおよび義兄でフランス王、ルイ16世と出会う場面を主題に制作された。
後にドイツ騎士団団長、選帝侯およびケルン大司教となるマクシミリアンは、1774年、見聞を広めるべく教養旅行に出かけ、オーストリア領ネーデルラントとフランスを訪れたのである。

 「マリア・テレジアとシェーンブルン宮殿」展カタログ 

マリア・テレジアの命を受けてヨーゼフ・ハウツィンガーによって描かれた、「マリー・アントワネット、フランス王ルイ16世とマクシミリアン大公」です。ルイ16世の胸元に金羊毛騎士団勲章が下がってます。

ルイ16世は、ジョゼフ・デュプレシの肖像画をご紹介しています。

ひつじnews at 2015年03月04日 19:47 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)