2015年01月17日

●ターナー 「南から見たソールズベリ」

salisbury150117.jpg

《ソールズベリ》は(略)、ターナーが手懸けた最も大規模で野心的な水彩画シリーズに属している。
この計画は版画家兼出版家のチャールズ・ヒースが考えた事業に拠っている。
すなわちヒースは1826年に、ターナーに120点の素描を依頼したが(その主題はターナー自身が選んだ)、それを版画にして、『イングランドとウェールズのピクチャレスクな景観』として出版するというのであった。

 「ターナー展」(1986年)カタログ 

ウィリアム・ターナーの水彩画「南から見たソールズベリ」です。同じシリーズで、「ヴァレ・クルージス修道院、デンビシャー」をご紹介しております。

ひつじnews at 2015年01月17日 18:25 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)