2014年11月10日

●法隆寺所蔵 星曼荼羅(続き)

hosimandara141110.jpg

hosimandara141110bubun.jpg

天界の事象と人界の出来事は関連しあっているという天人相関説は、古代思想の特色のひとつである。
星宿信仰は代表的な例だが、その密教版というべきものが星曼荼羅である。
北斗曼荼羅ともいい、延命や除災(災害を除く)を目的に修される北斗供(ほくとぐ)(星供(ほしく)ともいう)の本尊として用いられた。

 「王朝の仏画と儀礼 善をつくし美をつくす」展カタログ 

野尻抱影の「星座」と、法隆寺の所蔵品二点のうち一方をご紹介している星曼荼羅ですが、あらためてもう一点のほうを。

ひつじnews at 2014年11月10日 18:59 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント
この記事にコメントを書くことができます  (メールアドレスは公開されません)