2014年03月27日

●ジョルジュ・サンド 「愛の妖精」

「じゃあ、そういうことにしとくわ」と、ファデットはいかにも得意そうな、いかにもうれしそうな様子で言った。
「さあ、その足で河岸に引っ返して、羊の啼き声が聞えて来るまで、河岸を下って行くのよ。そうすると、茶色の仔羊がいるから、そうすりゃ、あんたの兄さんもすぐ見つかるわ。もしあたしの言う通りにならなかったら、今の約束はなしにしてあげるわ」

(略)

そこでランドリーは「切れこみ」に跳び込んで、草薮の中へはいって行った。兄の姿はそこには見えなかった。
が、水の流れに沿って、相変わらず仔羊の啼き声を聞きながら、十歩ばかり先へ進むと、向う岸に、自分の兄が、小さな仔羊を上衣の下に抱いてすわっているのが目についたが、見ると、その仔羊は、なるほど、鼻の頭から尻尾の先まで茶色だった。

19世紀フランス、ジョルジュ・サンドの田園小説「愛の妖精」です。引用は、物語冒頭、行方不明の兄を探す主人公ランドリーが、野生児ファデットに助けられる場面。

ジョルジュ・サンドはいくつかご紹介しておりますので、こちらでぜひ。

ひつじnews at 2014年03月27日 22:47 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント