2014年03月20日

●ジャン=バティスト=マリー・ピエール 「若い羊飼い」

wakai140320.jpg

《シテール島への船出》によってヴァトーが創始した「雅宴画」というジャンルは、やがてブーシェによってひなびた田舎でのアバンチュールに変容していく。
ピエールのこの作品もまた、ブーシェの「田園詩(パストラール)」風と呼ばれる作品群に連なるものといえる。
しかしブーシェの同主題作品と比較すると、遺跡や泉などの演出的な要素が少なく、また登場する少年少女が年若く純朴そうに描かれているため、官能性は弱められている。

 「バロック・ロココの巨匠 天才たちの競演」展カタログ 

「キリストの降誕」をご紹介したことのある、18世紀フランス、ジャン=バティスト=マリー・ピエールの「若い羊飼い」を。
引用にあるヴァトーについてはこちら、ブーシェについてはこちらを、ご参考にぜひ。

ひつじnews at 2014年03月20日 16:29 | Category : ひつじ話
関連書籍?
コメント