2014年02月14日

●イギリスの野良羊問題。

英・溢れかえる野良ヒツジ軍団に村民大迷惑!

イングランド北西部のロウテンストールという村で、野良ヒツジの群れに困惑しているという。
14年ほど前からこの村ではヒツジの被害を受けてきたが、最近になりますます問題が悪化してきている。

地元の農場から逃げ出してきたと思われるそのヒツジの群れは、村中を駆け巡り、私有地を踏み荒らすなど、村民の日常生活に大きく支障をきたしているという。
村民の1人は「このヒツジたちは私たちの庭を荒らしています。一般道にも、村の中心部にさえも溢れかえっているんです」と被害を訴えている。

さらに地元小学生たちは、遊び場にたむろするヒツジの集団を恐れて、外で遊ぶことさえもなくなってしまったそうだ。
同校の校長は「この地域には過去14年間に渡って野良ヒツジがいますが、問題は悪化してきています。そのせいで我々は子供たちが外で遊ぶのを止めさせたくらいです!前日は3匹、今日は6匹のヒツジという具合に、どんどん迷惑になってきています。子供たちも怖がっていますよ」と話している。

地元自治体も、「もしヒツジたちが高速道路で問題を起こしたら警察に連絡するように」と伝えているという。

ak様から、イングランドのニュースを教えていただきました。ありがとうございます。
ak様からは、シュレックを思い出すとのコメントをいただいたのですが、ついうっかり「ブラックシープ」を連想してしまいました。もうダメです。

ひつじnews at 2014年02月14日 22:20 | Category : ひつじ事件
関連書籍?
コメント