2014年01月12日

●ロシアで、オオカミとクマが人里に出没

ロシアの一部地方の田舎に、人、家畜、番犬を襲う野生動物が出没している。

(略)

カムチャツカでは今年、冬眠しないクマが急増。すでに3人がクマに襲われて死亡し、2人が重傷を負っている。
とはいえ、主に襲われているのは家畜と家 禽。
地元の研究者や狩猟者は、クマが空腹で冬眠できないと考えている。
カムチャツカでは今年、河川の魚も、森林の漿果(しょうか)も少なかった。十分に脂肪を蓄えることができなかったために、いまだに活動しなければならない状態なのだ。
カムチャツカ政府は冬眠が始まるまで、クマの射撃を許可。すでに140 頭が殺された。

バシコルトスタンでも10月半ば、きのこ採りをしていた人がクマに襲われて死亡した。

深夜の街に出没するオオカミも恐れられている。一番狙われやすいのは、家の庭で鎖につながれ、逃げることのできないペットのイヌ。

コミ共和国では3匹のイヌ、カリーニングラード州では35頭のヒツジと20頭の家畜、トゥヴァでは15頭の家畜、ウクライナのルハーンシク州では9頭のヒツジがオオカミに食べられた。
地元住民によると、人の暮らす集落で家畜が襲われるのは初めてだという。

ak様から、「ロシアNOW」の記事をお知らせいただきました。ありがとうございます。日本でも野生の熊が町に出没するのは大事件ですが、こちらはことに厳しい事態になっているようです。

ひつじnews at 2014年01月12日 19:20 | Category : ひつじ事件
関連書籍?
コメント