2012年10月13日

●オランダで羊泥棒頻発

オランダ各地の牧羊場で最近、ヒツジが群れごと盗まれる前代未聞の事件が相次ぎ、警察が「羊肉マフィア」の行方を追っている。

(略)

オランダ農業園芸組織連合会(LTO)のニコ・フェルトイン(Nico Verduin)氏によれば、ヒツジの盗難は同国東部、南部、中部で多発しており、4月以降、既に500匹以上の行方が分からなくなっているという。盗まれたヒツジたちは密輸出されたか、食肉用に違法解体されて国内各地の精肉店に卸されたのではないかという。

1度に大量のヒツジを盗んでいくのは容易ではないことから、警察やTLOでは、牧羊経験のある者たちによる組織的な犯行とみている。オーストラリアやニュージーランドといった牧羊国の羊肉生産が減少していることから、オランダではこの1年で羊肉の価格が15%も上昇している。

(略)

ak様から、オランダで大掛かりな羊泥棒が起きているとのニュースを教えていただきました。ありがとうございます。
元羊飼いの羊窃盗団とは、どうにもやりきれない話です。どうか早く解決しますように。

ひつじnews at 2012年10月13日 18:57 | Category : ひつじ事件
関連書籍?