2012年06月27日

●「ブライディさんのシャベル」

「ブライディさんのシャベル」

ヒツジやヤギの囲いをつくるとき、シャベルであなをほるのは、ブライディさんの仕事。

レスリー・コナー文、メアリー・アゼアリアン絵、千葉茂樹訳の絵本です。
1856年、単身アメリカへ渡ったブライディさんの手には、つねに一本のシャベルがありました。
淡々とした文章によって際立つ、ひとりの女性の力強い人生。

ひつじnews at 2012年06月27日 18:01 | Category : ひつじグッズ
関連書籍?