2006年05月13日

●「犠牲の羊たち」

「犠牲の羊たち」表紙

そしてリュークはカラバッジョが理解し、ダニーが理解したもの、父が生涯をかけて必死に知るまいとしたことを理解した。つまり、神はアブラハムを試していたのではなく、アブラハムが神を試していたことを。

イスラエル建国の英雄を父にもつ兄弟。多くのユダヤ人を救出した元ナチス将校を父にもつ娘。3人の男女が、ユダヤ人救出劇の暗黒面を暴く旅に出た-。ホロコースト後の世代が背負わされた「十字架」をめぐる物語。

ニール ゴードンのサスペンス小説。主人公が真実へと近づく道しるべとして、先日ご紹介したウフッツィ美術館の「イサクの犠牲」が出てきます。

ひつじnews at 2006年05月13日 15:12 | Category : ひつじグッズ
関連書籍?