2006年05月12日

●豊橋総合動植物公園でヒツジの毛刈り

ヒツジの毛刈りをする飼育係たち

 豊橋総合動植物公園で11日、同園なかよし牧場で飼育しているヒツジの毛刈りが行われた。もこもこと厚く覆われた毛はあっという間に刈られ、さっぱりと涼しげになった。

 同園ではニュージーランド生まれの品種で、毛が抜け変わらずに伸び続ける「コリデール種」を4頭飼育。1カ月で約1センチ伸びるため、本格的な夏を迎える前のこの時期に毎年毛刈りをしている。

 この日毛刈りをしたのはメスのノリリン。昨年5月20日にジジ(13)とノリカ(5)の間に生まれ、今回が初めてとなった。電動バリカンや長さ30センチほどのはさみを使い、担当飼育係の中村美代子さんを中心に、ほかの飼育係たちも手伝った。「メー、メー」と鳴く中、刈り始めると表面とは違う真っ白な毛と肌が現れた。途中、動いてしまう場面もあったが、スムーズに進み、腹や背中、顔など約20分で全身を刈った。また、同園を訪れた親子連れたちもその様子を真剣なまなざしで見守っていた。

 中村さんは「最近は暖かい日が続いていたので、ようやく涼しくなってよかったです」と話していた。同日は約4.5キロの毛を刈り取り、夏休みに行うサマースクールなどで教材として使用する予定。

ヒツジの毛刈りの記事もそろそろ終息する頃でしょうか。
どうも新聞社によって偏りがある気もしますがそれはそれでいいものです。

さて、ジンギスカンキャラメルのほうですが、プレゼント応募〆切りは
  5月14日(日曜日) 24:00 到着分まで
となっております。

現在、知り合いの応募が1人、そうでないかたが1人という、大好評の状況(´ω`*) ですので応募されたかたはお楽しみに。

ひつじnews at 2006年05月12日 19:03 | Category : ひつじを見にいく , 中部
関連書籍?