2005年04月06日

●富士サファリパーク:誕生の季節、アカカンガルーに赤ちゃん 

 ◇袋の外はまぶしいよ

 裾野市須山の富士サファリパークで、アカカンガルーやヒツジの仲間のムフロン、シマウマの赤ちゃんが続々と誕生している。お母さんの袋から顔を出した日が誕生日となるアカカンガルーの2頭の赤ちゃんは14、26日に初の顔見せ。まだ性別も不明だが、天気がよければちっちゃな顔を袋から出して、まぶしそうに周囲を見渡している。あと2、3カ月で袋から飛び出す。

 ムフロンの赤ちゃんは4頭が誕生。体長約40センチで体重は数キロ。母親に寄り添い、あどけない表情を見せる。

ひつじnews at 2005年04月06日 00:51 | Category : ひつじを見にいく , 中部
関連書籍?